• タグ別アーカイブ: 中村屋丸康酒店
  • 2011年02月10日
    久しぶりにネ研

    仕事中、携帯にメール着信。
    不名誉会長よりの飲みのお誘い。
    あれ?来週都内で飲みましょうなどと言う話があったのに…なぜ?
    でもまぁ、とりあえず、久しぶりに飲みたいので仕事を早めに切り上げて飲みに行きましょうか。

    中村屋丸康酒店

    東京都荒川区西日暮里2-22-1 ステーションプラザタワー102
    電話: –
    営業: 17:00~22:00?
    定休: 土日?

    中村屋酒店 2011年02月10日
    中村屋酒店 2011年02月10日

    日暮里駅集合との事なので、本当なら山手線で行こうと思っていたのに…こういう時に限って終業ぎりぎりに仕事が舞い込んできたり…。
    でもがんばって何とか日暮里まで急いで移動。

    駅で不名誉会長と無事合流し、向かうは中村屋丸康酒店です。

    ここは日本でも屈指の綺麗な角打ちでしょうね。
    日暮里駅前の再開発で作られたステーションプラザタワーに入っており、外見だけ見ていると、街の酒屋がやっている角打ちとはなかなか思えない感じ。いわゆるおしゃれ角打ちの一種かなと思ってしまう様な感じなのです。でも、中に入ってしまうとオヤジのオアシス!街の角打ち。オシャレ角打ちなんかではなく、本当に角打ちなんですね。店に入った途端、オヤジ達の熱気。溢れるオーラ。

    とりあえず店に入り、何とか隙間を見つけて滑り込み。壁の短冊を見渡して今日の注文品を検討。カウンターに小銭を持って向かい、注文したのは、国権 純米にごり 1合(400円)とソーセージ缶(280円)。

    国権は、福島は奥会津の銘酒。なかなか都内で出会うのは難しいのですよ。ここで出会えたのは何かの縁。もう飲まないといけませんよ。

    ソーセージつまみながら酒を煽る。いいですねぇ。心地よいですよ。

    そう、ここは角打ち。隣には酒販スペース。もちろんそっちも見てみないと。と酒販スペースにも移動。見てみると…出羽桜の取り扱いが凄い。地元の酒屋でもなかなか見かけない出羽桜のカップ酒が置いてあります。入り口には江戸限定の青地のラベルも置いてある。思わず店主に凄いねぇと話しかけてしまいました。話をしていると、どうやら全アイテム取り扱いなんだとか。

    さて、不名誉会長は今日の深夜バスで移動するそうで、タイムリミットが迫っているとのこと。そう言うことであれば、早々に次の店に行くことにしましょうかね。ごちそうさまでした。

    いづみや


    東京都荒川区西日暮里2
    電話: –
    営業: 11:30~21:00
    定休: 不定

    いづみや 2011年02月10日
    いづみや 2011年02月10日

    時間のある限りと言うことで訪問したのはいづみやです。ここも日暮里では名店ですね。営業時間もお昼から。昼酒というわけではなく、どちらかというと食堂営業の延長線上で酒場となった感じなんでしょうね。勝手な想像ですが。

    今日は一人ではないので…奥の小上がりに案内されます。で、まずは飲み物を注文。不名誉会長は梅割り焼酎(210円)。私は酒(コップ)を注文。途中合流の私のツレがレモンハイ(300円)を注文。飲み物はすぐに提供されてきたのですが、ごめんねー、小上がりは徳利だけなの。と、おもむろに酒(徳利)(450円)が運ばれてきた…。えぇー、そう言うことは早めに言ってよ。酒が飲みたいんじゃなくてコップぐらいで十分の方が大きな意味を持っていた注文なんだから。確認もなくモノが変わっちゃうあたりが大衆酒場っぽくもあるんですけどね。

    いづみや 2011年02月10日 #02
    いづみや 2011年02月10日

    ひとまず、乾杯!

    まぁ、日本酒が徳利なのは当たり前と言いますか。何の疑問も持たない点ではあるんですけど。梅割り焼酎までもが徳利で提供されるのは驚き。日本酒以外を入れる気になったなぁ。こんな洗いにくい形状の容器に臭いのきつい梅系の飲み物。洗うのが大変だと思うんですけどね。日本酒に梅系の香りが残っちゃったらすぐ分かると思うし。まぁ、そんな深く考えずに入れているんだとは思いますけどね。

    続いて肴を注文しますかね。今日はこの店で2軒目ではありますが、前の店が角打ちであまり食い物を胃に入れてませんからね。ちょっと多めの注文。肉豆腐(300円)、つくね焼き(300円)、アジフライ(410円)あたりを注文しましょうか。大衆酒場的な肴と言うより、やはり食堂発展系の肴の感じですね。

    肴の値段と味はばっちり。これなら気軽によれる感じ。近所に職場があるお父さん連中が羨ましい。

    肴をぱくつき酒を飲みながら久々の酒場談義。我々も大声で盛り上がっているんだけど、それでも声の通りが微妙に感じるくらい周りのお父さん達も盛り上がってる。さすがにカウンターの一人客はそこまでではないけど。でも、活気があるのは良いことですよね。そう言う活気から元気をもらえるというか。心地よくなれるんですよね。

    楽しい時間は早く過ぎるモノで、時計を見ると不名誉会長のバス時間。この辺で今回はお開き。ごちそうさまでした。

    もつ焼のんき

    東京都北区赤羽1-19-16
    電話: 03-6860-8910
    営業: 15:00 – 24:00(月-金) 15:00 – 23:00(土)
    定休: 日

    のんき 2011年02月10日
    のんき 2011年02月10日

    日暮里駅で不名誉会長と別れて、京浜で赤羽方面に移動。

    不名誉会長が来るので来ない?と誘っていたJ3師。仕事の関係でどうしても開始時間に間に合わず。それでも何とか早めに仕事を切り上げてくれたのですがぎりぎりで間に合わなかったのでした。でも、せっかく仕事を切り上げたンですし一杯どうですかと赤羽に誘ったのでした。

    赤羽駅で待ち合わせ。
    向かう先はOK横町を通り過ぎ、その先にある明店街ののんき
    ここの串焼きのニンニク具合は最凶。こんな休みのタイミングじゃなければ絶対に頼めない。そんなところからこの店に行くことになったのでした。

    店に着いたら、とりあえず飲み物から。J3師は元祖下町ハイボール(大)(390円)。私はこの店っぽいモノと思い、元気ハイボールC(390円)。ツレは元祖下町ハイボール(大)(390円)を注文。同時に肴も注文。ガツシン(150円)、シロ(100円)、しろねぎまみれ(150円)、レバ刺し(380円)、かしらねぎまみれ(150円)等と適当に人数分まとめて注文します。焼き物は頼めるタイミングで頼んでおかないと大変なことになりますからね。

    とりあえず、飲み物を受け取り乾杯!

    順次届く肴をツマミながら酒を煽り、趣味の話などをしながら楽しく盛り上がっていると…そこにここにいてはいけない不名誉会長が再襲撃

    不名誉会長曰く、「語るも涙、聞くも大爆笑の事故があり…(以下略)」とのこと。妙なテンションの不名誉会長に引っ張られて我々のテンションも上がります。そして、上がったテンションで酒盛りモード。楽しい酒宴となったのでした。

    気がつくと、既にお店の閉店時間。赤羽は全体的に閉店時間が早いんですよねぇ。何故なんですかね。

    さて、ごちそうさま。また来ます。

    もーれもーれ


    電話: –
    営業: –
    定休: –

    もーれもーれ 2011年02月10日
    もーれもーれ 2011年02月10日

    まだまだ飲み足りない我々。もう一軒!と、LaLaガーデンを少し入ったところを左に曲がり、向かう先は沖縄居酒屋のもーれもーれ。この店は、早じまいの赤羽にあって夜遅くまで飲み続けられる札の一つなんです。

    お店に着いたら適当に肴と液体を頼んでしまいます。メニュー?いやいや、適当に言っとけばちゃんとしたのが出てくるのがこのお店。値段も良心的なので、メニューも見ずにいつも適当に頼んでしまうんですよ。今日は、海ブドウふーちゃんぷるーを注文。飲み物はそれぞれお気に入りの泡盛何ぞを注文。私の場合、ここに来たときは海乃邦率が高いですね。瑞穂も良いんですけどねぇ。

    届いた液体で本日何回目になるのか定かではない乾杯を実施。かんぱーいっ!

    そんな勢いで、夜は更けていくのでした….