• タグ別アーカイブ: モツ焼き
  • 2012年02月01日
    久しぶりのよね田。

    久々に、仕事で外出。
    外出したと言う事は直帰可能と言う事。
    ならばと、久々に街に繰り出しましたとさ。
    職場の同僚である 水角獣師 も一緒に。

    よね田

    東京都杉並区西荻南3-11-10
    電話: 03-3334-2094
    営業: 16:00 – 23:00
    定休: 火

    よね田 2012年02月01日 #01
    よね田 2012年02月01日

    で、訪れた先は、西荻窪の「よね田」。ここは、以前のネ研の時に偶然発見した良店。再訪しようとずっと機会をうかがっていたのでした。

    駅の改札を出て右右左と進み、1分もしないうちに現地に到着。店内を覗くと…というか、覗く前から大混雑。こりゃ、今日は無理かなと思いつつ、中を覗いて大将に声がけ。

    「二人なんだけど…」

    「二階に上がって!」

    おお、二階があるんですね。
    店奥の階段から二階に上がります。見た感じからすると、客席用の造りと言うよりは、従業員用の休憩室を意図して作られた場所なんでしょうね。まぁ、ともかく、畳にテーブル。カウンターは焼き場が見えるので楽しいけれど、ゆっくりと呑むのであれば、こっちの方が有利。今回は運が良かったかも…。

    ひとまず、飲み物と食べ物を注文してしまいましょうか。私はとりあえずホッピー(白)(400円)を注文。同僚の…いや、水角獣師はレモンサワー(400円)
    を注文。一緒に肴も頼みましょうか。ここに来たら外せない逸品。白レバー 80g(120円)。これは、刺身、半生、焼きが選べるのですが、もちろん、ここは男らしく「刺身」を注文です。その他にも、焼き物として、はつ(120円)、砂肝(120円)、つくね(限定)(200円)、A5ランク和牛リブロース網焼き 100g(600円)
    を注文しておきましょう。

    よね田 2012年02月01日 #02
    よね田 2012年02月01日

    飲み物はすぐに到着。すぐさま乾杯!
    生の白レバから順番に調理が終わったモノがすぐに提供されてきます。

    この店の大きな特徴は、「安い」「旨い」「多い」の三拍子。
    特に、「多い」は凄い。皿に載って出てきた瞬間に「あれ?2人前頼んだっけ?」と焦るレベル。若干長目の串に打たれた肉。どうやって焼いたんだろうかと不思議なくらいに串いっぱいに肉が打たれているのです。持つ部分がない。肉のかたまりも大きい。固まりという表現が本当に似合う感じ。それで、一本120円中心というのだから驚きなのです。

    安くても不味いのでは…と言う点も心配なし。旨いんですよね。ここの肉。ほんと、近所にあったら毎日通うレベルですよ。

    では、さらに注文しましょうか!

    よね田 2012年02月01日 #03
    よね田 2012年02月01日

    韓国産キムチ 100g(180円)、ねぎま(180円)。あと、つくね(限定)(200円)にオプションのトッピング目玉焼き(90円)を付けて注文。オーダーする場合は「つくね玉子付き!」でOK。あと、ホッピー用に(250円)も追加しておきましょうか。

    ここの「つくねトッピング」。つくねに半熟に焼かれた目玉焼き。ネギにタレという組み合わせなのですが、
    これがまた絶妙。濃厚な味が口の中に広がり、何とも言えない幸せ感が広がるのです。良い感じですね!

    この店の唯一残念に思うこと。それはネタが大きすぎて、色々な種類を食べたいけれど、そこにたどり着く前に満腹になってしまうこと。今回も、もう少し頼みたい気分ではあるモノの、お腹はそれを許さない状況。そろそろ、お会計といきましょうか。

    会計したところ、お一人様 約1,500円ほど。
    満腹でこの値段。安いですねぇ。ごちそうさま。また来ます!



  • 2011年12月08日
    ネタ酒場研究会 川口でモツ焼き。

    渡したいモノがあって、仕事帰りのJ3師をお呼び出し。夜、仕事帰り、しかも帰りの足は心配ない。そう来れば一杯!となるのは自然な流れですね。
    と、言う事で一杯。

    以前から気になっていたモノの、未訪になっていた店が一軒。一人で入るのもなぁと思っていたところにこの状況。J3師相手なら失敗な店に入っても特に問題がないだろうし、挑戦してしまいましょうか。
    そんなノリで、J3師と私の嫁さんの3人で新規店に突入!

    モツ焼き 銀

    埼玉県川口市栄町3-13-8
    電話:
    営業: 16:00-24:00(L.O.23:30)
    定休: –

    2011年12月08日 モツ焼き 銀
    2011年12月08日 モツ焼き 銀

    勇気を振り絞って、暖簾をくぐると…カウンター。奥に数席のテーブル席。店内はキレイに整えられていて女性を連れてきても問題なさそうな感じ。我々が普段訪れている大衆酒場も丁寧に手入れされていてキレイだけど、ここは新しくてキレイという感じ。なかなか新鮮ですね。

    店に着いたらまずは飲み物。さて、どうしようか…と周りを見渡すと、アサヒ熟撰(大)(750円)なんてのがあるじゃないですか。じゃ、コレを人数分頼んでしまいましょうか。

    肴は…店名がモツ焼きという位ですからね。モツ焼きは頼むとして他のモノも一品くらいは欲しいね。
    と選んだのは、おまかせ六本セット(900円)と、レバ刺し絶品(500円)。さてさて、お手並み拝見ですね。

    で、飲み物が到着。一緒にお通し(300円)のキャベツが到着。

    では、乾杯!

    2011年12月08日 モツ焼き 銀
    2011年12月08日 モツ焼き 銀

    飲み物に続いて、続々と肴が届きます。まずはレバ刺し。レバ刺しは、例の事件以降、なかなか口に入りにくくなってしまったメニューの一つ。食べるのは久しぶりです。で、ゴマ塩にちょん付けして一口。旨いですねぇ。こんな美味しいモノが食べられない世の中なんて。そしてもう一口。唸ってしまいそうなプルトロ感。たまりませんねぇ。

    次に届いたのは六本セットの串。こっちも焼き具合はまずまず。個人的にはもう少し生っぽさが残るくらいが好きなんだけどなぁ。カリカリ感が好きな人にはこの位がちょうど良いのかもしれませんね。

    談笑しながら、酒を引っかけつつ、肴をパクリ。幸せですねぇ。

    そんなこんなで、最初に頼んだ飲み物は空に…追加の飲み物を頼みましょうか。壁を眺めて気になった事。メガジョッキ(100円)。飲み物の値段にメガジョッキオプションを付けるとグラスからジョッキにアップグレードできるとのこと。100円でジョッキになるというのは良いですね。

    では、何を頼もうか…韃靼そばの実茶ハイ(450円)、ウーロンハイ(380円)、レモンサワー(380円)。コレをメガジョッキ(100円)にしてお願いしましょうか。

    いわゆる居酒屋としては、十分なポテンシャルではあるモノの、液体は気にならないけど肴の値段がちょっと想定より高い感じ。いまじゃ絶滅危惧種となりはてた刺しモノが食べられるというメリット、それに対して串6本で900円。1本150円計算。セットモノは基本的には単品注文より安いというのが一般的だと考えると…この串が150円でお買い得な価格?うーん、ちょっと有り得ないかな。ただ、きれいな店内と盛りつけ方や食器なども川口クォリティの居酒屋と比較してかなり上等ではあるので、お客さんを連れての訪問ならありかも知れなかなぁ。

    そんなことを考えつつ、呑み進んでいたら…J3師の終電の時間が近づいてきてしまいました。では、この辺で!

    ごちそうさまでした。