2012年06月07日
ネタ酒場研究会 松戸編。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア
はてなブックマーク - 2012年06月07日<br>ネタ酒場研究会 松戸編。
このエントリーをはてなブックマークに追加

久々に、上京する不名誉会長と…
久々に、仕事の合間で時間が取れた怪鳥と…
二人で久々のネタ酒場研究会を開催です。

今回は、行けそうで行けない。行きそうで行かない。常磐線沿線を狙います。
第一目標は松戸、コンテンツに不満を感じた場合は金町や北千住方面に向かう予定。

まぁ、結局は松戸から先に進むような状況にはなりませんでしたけどね。

開進

店舗情報はこちら

開進 2012年06月07日 #01
開進

まず一軒目に選んだのは「開進」。
駅のすぐ側に店舗を構えており、一度場所さえ覚えてしまえば気軽に寄れる感じ。
まぁ、ちょっとした手違いで道に迷いましたが…ついてみれば分かりやすい場所。

非常に昭和レトロを感じさせる外観。気分が盛り上がります。

お邪魔します!と一歩、店内に進むと…さらに昭和レトロな雰囲気。作り物のレトロではなく、歴史を重ねてきた本物です。これを見て気分は最高潮。もう、久々のこの感触に大興奮ですよ。

店に入ると席は満席。唯一、奥のテーブルが空いている様ですが「予約席」の札が置かれています。
だめかなぁ。と思いつつ、「2人!」と宣言。
「込んできたら相席ね!」と「予約席」の札を取り外しテーブルに案内。
評判の良い店は相席なんて当たり前だし、入れてもらえるだけで十分。
座れてラッキーって感じですね。

開進 2012年06月07日 #02
金ホッピーとレバ刺

 

座ってまずは飲み物。
周りを見渡すと、壁に55ホッピー(300円)の紙。
おぉ、久しぶりに「金ホッピー」をみましたねぇ。白黒の2種類は見かけるけれど、金はあまり置いてないんですよねぇ。

注文すると、常温のグラスに氷。一升瓶から分量を量る用のグラスに焼酎(350円)。
それにホッピー瓶が添えられるというセルフスタイル。焼酎は『三楽』が使用されています。

飲み物の後は肴を頼みましょうか。
ここに来たら「モツ」を頼むしかないでしょう。
全ての串は一本110円。二本からの注文との事。
しかも、一部のパーツは生で注文できるとの事。
串に刺されてはいるけれど、要するにモツ刺しとして食すことが出来るのです。

まずは、レバーを生、その他に、シロ、タン、ガツ、コブクロを塩で焼いて貰いましょうか。

開進 2012年06月07日 #03
もつ焼き各種

 

久しぶりに食べるレバ刺し。
ニンニクタップリ付けて口に放り込むとネットリとしたレバー独特の味が口に広がります。
もう少しすると、レバ刺しが食えなくなるかと思うと今のうちに食べておかないと…。

串も旨いが、久しぶりの酒もうまい。
中を追加してホッピーを楽しみます。

串は程よく焼かれており、十分な柔らかさ。
しっかりと作られています。
分量はちょっと少ないかなと感じなくもないですけど、
このくらいのサイズだと色々な種類にチャレンジしても胃袋に負担をかけすぎなくていい感じでもありますね。

この感じだと、ここでそのまま呑み進めても後悔ない感じ。何ですけど。

そろそろ、次の店に進みましょうか。
お会計お願いします。…2,650円ですか。
では、御馳走様。またきます!

松戸酒場

店舗情報はこちら

松戸酒場 2012年06月07日 #01
松戸酒場 外観

次はどこにしましょうか。

選んだ先は「松戸酒場」。ここは再開発という噂もあり、
早めに訪れておくべきかなと言う事になったのでした。

ひとまず、入店。
店内を見渡すと、L字のカウンターにテーブル席の構成。
20人入れるかどうかという箱のようです。
良くありそうな典型的な地元密着型の居酒屋のようです。

さて、飲み物を頼みましょうか。
壁を見渡すと幾つかのドリンクメニューの短冊が吊されています。
その中から選んだのは、私がレモンサワー(380円)、不名誉会長はウーロンハイ(380円)を注文。

松戸酒場 2012年06月07日 #02
松戸酒場のモツ煮込み

肴は…おっ、煮込(400円)があるではないですか。
ソレを頼みましょうか。

レモンサワー、ウーロンハイ。共にスタンダードな感じ。
煮込みもスタンダード。ほどよく煮込まれた白モツにネギのトッピング。
一口口に運ぶと、「うん、臭みが無くちゃんと丁寧に作られているね」と思うけど、味は至ってありふれた風の味。
特に特筆するべき感じではないけれど、逆に何の問題も感じない。
でも、これが良いんですよね。
刺激的な味はその瞬間は良いけれど、すぐに飽きる。
「行きつけ」って店はこういう感じが良いんでしょうねぇ。

そろそろ、次の店に行きましょうか。
お支払いは…1,160円ですか。
ごちそうさまでした。また来ます。

酒処ひよし

店舗情報はこちら

酒処ひよし 2012年06月07日 #01
酒処ひよしの外観

次の店には、松戸酒場と同じ通りにある「ひよし」を選択。
徒歩1分程度で店に到着。

こちらも店の外観は良くある居酒屋。
さて、どんなメニューがあるのやら。

店に入り、周りを見渡す。
この店は肴の短冊が多いですね。しかも値段が良心的。
これだけ魚の短冊を並べるくらいですからね、鮮度なんかにも自信があるんでしょう。
ちょっと期待が高まります。

今日は魚と決めたので、飲み物はやはり酒でしょう。
清酒を二合、燗で付けて貰いましょう。清酒(320円/1合)。

短冊の説明によると、清酒の燗は徳利ではなく急須サイズのヤカンで供されると言う事のようです。
大衆酒場っぽくて良いじゃないですか。酒を直火で燗付けし提供するって事でしょ?
温度が均一にならなかったり、ちょっと焦げ臭さが出ることがあったり、味の面では良いこと無いけど、雰囲気は最高でしょう。

カウンター奥をのぞき込むと…丁度、我々分の燗酒を調製中の模様。
ヤカンを取り出し、遠目では良く確認できないけれど紙パックから酒を注ぎ、直火に掛けて調製。
ううむ。紙パックの酒かぁ。
銘柄は遠目でよく見えなかったけど、そんなに良い酒は使っていないんだねぇ。
やっぱり、多少高くても銘柄指定の酒を頼んだ方が良かったかな。ちょっと失敗したかなぁと後悔。
まぁ、その分は食い物で取り返しましょう。

酒処ひよし 2012年06月07日 #02
金目鯛の刺身と熱燗

燗付けして貰っているうちに肴を頼みましょう。

壁の短冊を見ると、旨そうな魚のメニューが並んでいます。
その中から、金目鯛刺身(600円)と鯵なめろう(500円)を注文。
金目鯛なんて久しく食べてないなぁ。高級魚だし、頼んでみたら二キレなんて事ないよなぁ。等と心配しつつ注文。

でも、心配は杞憂だった模様。

ちゃんと…というか、予想よりも良い盛りの刺身が出てきました。
一口。うん、良い金目鯛。
そして、酒を一口。
うん、温度は適切だけど甘さがきつい感じだなぁ。もう少しスッキリした感じだったらまだマシだったなぁ。

鯵なめろうも良い感じ。ここはやっぱり魚のようです。

調子に乗って、シメサバ(500円)と瓶ビール(550円)でさらに盛り上がる。
うん。酒は微妙だったけど、魚は旨いね。
この値段でこの味なら納得でしょう。

さて、そろそろ次の店に向かいますかね。
ごちそうさま。また来ます。

大都会

店舗情報はこちら

大都会 2012年06月07日 #01
大都会

次に向かったのは、「大都会」。

駅の真ん前にある大箱。
入り口付近で食券を買い、奥のカウンターで受け取り、自らテーブルまで運ぶ。
セルフ系の大衆酒場。
CODタイプの店も良いけど、こう言う券売機方式というのも明朗会計で良いですね。

まず、入り口で最初の飲み物と肴の券を購入しましょう。
今回は、私はレモンサワー(180円)。
不名誉会長は酎ハイ(180円)を選択。
最初の肴には刺身三点盛り(350円)辺りを選びましょうか。
良質な魚の店からのハシゴだけに質の面ではアレかも知れませんけど、
三点盛りで350円という値段ですからね。どんな感じか気になります。

大都会 2012年06月07日 #02
酎ハイと刺身三点盛り

券を買ったら、座席を確保し、奥のカウンターにモノを貰いに行きましょうか。

飲み物はジョッキで提供。値段・量を考えると赤羽の「いこい」と良い勝負ですね。
刺身は値段・量からすると「いこい」には及ばない感もあるけれど。
量はともかく、味はまぁまぁなので、その辺を考えると良い勝負かも。
「いこい」の場合、刺身を頼むと干からびた干物と刺身の中間みたいなのが出てくることも多いからなぁ。
良い感じですね。近所にこんな店があったら頻繁に通ってしまいそうです。

なかなかに良店です。

その後、追加で何か頼もうと言う事になり、
飲み物として、サントリー山崎ハイボール(300円)、肴としてふぐ一夜干し(280円)を選んで追加購入。

ハイボールは「山崎」なのに、結構たっぷりと注いでくれていわゆる適量くらいの濃度で出てきます。
この手の店だと、水に香りを付けたくらいのハイボールを出す店も多い中、割りと良心的ですね。

ふぐの一夜干し。こっちは…まぁ、一切れ140円ですからね。
そう思うと納得だけど、微妙な代物が提供されます。
ふぐはふぐでも…これクサフグなんじゃないのかなぁ。このサイズ。

さて、そろそろ終電が怖い時間になってきました。
ここから帰るのには比較的時間がかかりますからね。
今日はこの辺にしておきましょうか。
ごちそうさま。また来ます。

ひむろ

千葉県松戸市
電話: –
営業: –
定休: –

ひむろ 2012年06月07日
ひむろ 外観

ただ、飲むと食べたくなるモノ。
ラーメン。

駅前でちょっと混雑するラーメン屋を発見。
前情報は全くなかったけど、ひとまず、飯を食ってから帰りますかねぇ。

店に入ったら、ラーメン注文。それに合わせて、出来上がるまで飲む飲み物も一緒に頼みます。

私は、レモンサワー(350円)にサッポロ味噌ラーメン(750円)。
不名誉会長は、グレープフルーツサワー(350円)に味噌オロチョン(850円)。

後で調べたら、割りと有名なラーメン屋だった模様。
酔って食べたので、味については言及できるような状況ではなかったけど。
ただ一ついえるのは、気がついたら丼が空になっていたのだけは真実。
良いラーメンです。

そんな感じで、今夜も夜は更けていくのでした。