2012年01月08日
郡山で立ち飲み。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア
はてなブックマーク - 2012年01月08日<br>郡山で立ち飲み。
このエントリーをはてなブックマークに追加

J3師と遊びに行った帰り。昔から気になっていた場所へ。

地酒の森

店舗情報はこちら

地酒の森 2012年01月08日
地酒の森 2012年01月08日

JR郡山駅の1F。昔はみどりの窓口があった場所。今は「郡山おみやげ館」というお土産販売コーナーになっており、郡山のスタンダードなお土産が並んでいます。そんな場所の一番奥。福島の銘酒などが並ぶお店があるのです。

地酒の森

ここのカウンターでは、有料試飲が出来るのです。4種類の日本酒におつまみ一品で500円というセット。日本酒はその時々で季節の酒。何時行っても違う種類を楽しめるのです。手軽に色々楽しめるってのはなかなか良いですね!

価格的にも…主に4合で1,000〜1,500円程度で店頭販売されている酒が4種類。入れ物はお猪口なのでおおよそ30cc位。って計算すると単価計算で250円前後。それにおつまみがあって…原価率が半分以下の計算。単純に呑んだとしても結構良い感じ。観光有料試飲だと考えると相当に安い。良いですね。

地酒の森 2012年01月08日 #02
地酒の森 2012年01月08日

で、今回の酒のラインナップはと言うと。「大七 雪しぼり 本醸造生原酒」「花泉 本醸造 辛口」「宮泉 本醸造 鬼ごろし」「大木大吉 自然郷 純米吟醸」の4種類。二本松に南会津、会津若松に矢吹。なかなか面白いラインナップですね。

それにしても、花泉と自然郷が光りますねぇ。大七は美味しい酒を醸しているけど、大手蔵で都内でも割と普段から呑めるし。宮泉は良くも悪くも「鬼ごろし」だし。

自然郷は昔良く呑んだ酒の一つ。電車の乗り継ぎで矢吹で降りたときは、必ず駅前で一本購入して…呑みながら電車旅を開始した思い出。決して、飛び抜けて特徴的に旨い酒ではないものの、丁寧な造りは実感出来る酒なんですよね。呑んでいて福島を強く感じる酒なんですよね。

そして、花泉。これは、福島の酒の中でも飛び抜けて旨い酒の一つ。ここでの有料試飲は冷や酒になってしまうけど。コレに関しては温燗辺りで呑んだら最高なんですよね。重たすぎるような日本酒度ではないけど、十分な味わいがある。適度に舌を刺激する酸が酒の輪郭を作る。旨いですねぇ。コレは一本買って帰ろう…

いやぁ、コレは楽しいねぇ。一気に楽しんでごちそうさま。また、来ます。