2012年07月05日
川口の名店

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア
はてなブックマーク - 2012年07月05日<br>川口の名店
このエントリーをはてなブックマークに追加

川口のふじの市商店街で行われる「七夕」イベント。

七夕なんて、大人になってからはあまり関係してこなかったイベント。
まぁ、たまには良いかなと嫁さんを誘って仕事帰りに立ち寄ったのでした。

イベントで商店街は大混雑。
知っている人にとっては、普通の光景なんでしょうけど、自分の意識の中ではこんなに混雑するものだとは思ってもおらず、かなりびっくり。

普段ならそんなに込んでいない商店街。放置自転車が多く歩きにくいことがあっても人混みで動けないなんてあまり考えられない状況。
今日ばかりは牛歩戦術状態。本当に前に進むことができないのです。

川口もこんなに人がいたんですねぇ…。

松ちゃん

店舗情報はこちら

酒場放浪記で放送されたこともあり、混雑が予想された「松ちゃん」。
込んでいて入ることもできないんだろうなぁと思っていたのですが、目の前まで来てみると驚きの状態。
店の前に出されたテントは大混雑。やっぱり一杯だなぁ…と店内に目を向けると…ガラガラなのです。
あれ?これは寄っていくしかないじゃないですか。

松ちゃん 2012年07月05日
短冊

2012年07月05日

ひとまず、席に着き、周りの短冊に目を配ります。
どうも、今日は祭り用の特別メニュー体制のようです。串も限定的な感じでしか注文できないようになっているのです。

まぁ、祭りですからね。

そう思って、まずは飲み物。神亀 山廃仕込み 生酒(700円)を頼みましょう。
嫁さんはウーロン茶(250円)を注文。

まずは乾杯。

生酒、さすが神亀の酒という感じで深い味わいですね。ただ、生酒なのににシュワシュワ感は全くなし。瓶に残っていた残量とこの感触。口開けから時間がある程度たっているのかな?いや、神亀だし、そういうものなのかもなぁ。BYみてくればよかった…。

ウーロン茶はよくある中ジョッキで氷入り。

飲み物注文後に肴の注文。今日はお祭りシフトで注文できるものが限定的なのです。

松ちゃん 2012年07月05日
焼き鳥セット

2012年07月05日

ひとまず、この店の名物である煮込み(400円)と焼き鳥を頼みましょう。
焼き鳥はひとまず焼き鳥セット(3本)(300円)で行きましょうか。

とりあえず、このあたりを押さえておけば…この店に来た価値はあるはず。

煮込み。
タマネギたっぷりの煮込み。タマネギたっぷりというと、やきとん 高木などを思い出しますけど、こっちはそこまでしゃりしゃり感のあるタマネギではないんですよ。ちゃんとパーツとして一体感がありますね。味も濃すぎず、臭みもなく。箸が進みますね。これはいい。
毎回頼んでも良い感じですね。

その後に運ばれてきたのが、焼き鳥。
焼き鳥はとても甘めに調製されていて、「エバラ 焼き鳥のたれ」を彷彿とさせる方向性。甘みの表現としてはちょっとおかしい感じではありますが、「ぴりっと甘い」のです。完全に好みストレート。しかも、焼き具合もミディアムレアで食感も良いんですよ。
特にレバーの焼き具合が最高ですね。このレバー串があるなら駅からのこの距離、苦にはなりませんね。

そんな感じで焼き鳥を堪能していると、近くに座っている常連さん。聞き慣れないものを頼んでいるのを発見。
その名も、クエン酸サワー(400円)。名前からしてどんなものかは想像がつくんですけど、飲んだことはないですね。
こりゃ、一度飲んでみましょうか。

飲み物だけというのもアレなので、追加で焼き鳥を頼みましょう。
「松ちゃん、つくね 2本!」
あぁ、今日は祭りシフトなので「つくね」はだめなんですね。じゃ、しょうがない。レバー(100円)を2本頼みましょうか。

クエン酸サワーは予想通り、臭み・香りの少ない酸っぱいレモンサワー。夏場の暑さダレした体にはかなり堪えますね。浸透してくる感じ。
焼き上がったレバを食べながら、クエン酸サワー。これも悪くないですねぇ。

そんな感じで店を堪能していると…もう結構良い時間。そろそろあがらないと次の店に入れなくなってしまいますね。
このあたりで一端締めてもらいましょうか。

「松ちゃん、お会計!」

トータルのお支払い、2,250円ですか。
イヤーこの値段でこの味。良いですね。これは通ってしまいそうですよ。
また来ます。ごちそうさま。

酒のハナカ

店舗情報はこちら

酒のハナカ 2012年07月05日
蜃気楼の見える街

2012年07月05日

松ちゃんまで歩いたのであれば、ここから10分も歩けばいつもの「ハナカ」。
久しぶりに一杯飲みましょうかね。

もうすでに飲んでしまっている事。
そして、すでに閉店時間まで時間がない。

一発勝負で、今日は一杯だけ。

そう思って選んだのは…

北洋 蜃気楼の見える街(250円)

この蜃気楼。これを飲むと夏が来たなぁと思う、自分にとっての季節酒なんですよね。
夏のこの暑さでダレた体。夕刻にこの北洋を満たせば明日への活力が沸いてくる。そんな感じの酒なんですよね。

今年の初北洋。さてどうでしょうか。

…うん、おいしいですねぇ。この時期の楽しみですねぇ。やっぱり。

池田商店

店舗情報はこちら

ハナカから駅方面へ徒歩で移動。
バス停も目の前だし、バスで駅まで移動するというのもアリだと思うんですけれどね。
たまには運動も良いかなと思ったんですけどね。

でも、余計なことをすると、余計なことになるもので。

途中で寄ってしまったのが「池田」さん。青木信用金庫隣で営業している酒屋。

ここ、純米酒の品揃えが良いんですよね。
神亀はもちろん、十字旭や諏訪泉など各地の良い酒を並べているんです。

角打ちOKと書いてあるわけではないんですが、レジの前にはちょっとしたベンチがおいてあり、神亀のカップ酒で一杯…なんてこともできるのです。

良い酒にベンチ。それにエアコン。最高じゃないですか。

…こうして夜が更けていくのでした。