2008年12月20日
ネタ酒場研究会 京成立石編

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア
はてなブックマーク - 2008年12月20日<br>ネタ酒場研究会 京成立石編
このエントリーをはてなブックマークに追加

酒場に目覚めたこの頃。

北区は酒場の宝庫ではあるけれど、業界の有名店酒場というと…京成立石とか、そう言う所に密集。
この道を進むためにも、一度はみんなで訪問しておこう。
そう言うことで、突撃してみました。

そして、今までは「北区居酒屋研究会」を名乗っていたけれど。
やはり北区の枠に収まるのは勿体ない。
しかも、我々が訪れたいのは「居酒屋」ではなく「ネタ」になる酒場ではないか。
そういうことで、会の名前を改称。
「ネタ酒場研究会」
として出発することとなったのでした。

マルチスーパー 倉井ストアー

店舗情報はこちら

マルチスーパー 倉井ストアー 2008年12月20日
マルチスーパー 倉井ストアー 2008年12月20日

駅からはちょっと離れているけど、どうしても外す事が出来ない店。倉井ストアー。
この店は、酒は呑めるけれど酒場ではないのです。
そこがポイント。

店の目の前につくと…まぁ、良くありそうな街の小さなスーパー。特に変わった様子は無し。
ひとまず、店に入ってみましょうか。

店内に入ると…店の内部はコの字型になっていて、左の扉から入ればスーパー。右から入れば食堂になっているのです。
無駄にハイブリッドな感じですね。
システムとしては、スーパー側から勝手に飲み物を頂戴して食堂側のテーブルへ持って行く。肴はスーパー側で売っているお弁当や総菜を持ってきても良いし、カウンターで注文も出来る。お支払いは最後に一括で行うタイプとなっているようです。食堂で良くあるタイプのビールは自分で取ってくる感覚だと思うと、まぁアリかなと思いますけど、店から頂戴して食べて事後精算というのはちょっと新鮮ですね。

ラーメン(350円)で腹を満たし、メンチ(150円)やハンバーグ(150円)-単品-をつまみにチューハイで乾杯。
楽しいですねぇ。

味は特筆するほど激うまというわけではないけれど、値段はかなり格安。この値段で呑めるのであれば仕事帰りに毎日寄ってしまうかも知れませんねぇ。いいお店です。
スーパーで食堂で居酒屋。普段使いでも楽しいし、ネタとしても来る価値がある。
楽しいひととき。

全体的に良いお店なんですけどね。欠点を上げるとすれば、ちょっと駅から離れているのが難点ですかねぇ?
地図を持って出かけた我々でしたが、なかなかたどり着かず…移動中も本当にこの道で良いのかと心配になり、何度も地図を見直すほど。住宅地って、なかなか特徴のある目印がなかったりするので下準備が重要ですね。

煮込み 宇ち多゛

店舗情報はこちら

煮込み 宇ち多゛ 2008年12月20日
煮込み 宇ち多゛ 2008年12月20日

河岸を変えてアーケードの商店街へ。
目指すお店は「煮込み 宇ち多゛」です。
このお店は酒場愛好家なら必ず知っているという有名店。
好む・好まないはひとまず置いておくとして、一度は訪問しておくべき名店なんですね。

この店で経験すべきなのは..「もつ焼き」。

モツ焼きを注文するときのルールはと言えば、一皿2品がセット、各パーツに塩・たれ・酢の3種類でお願いする事に成増。
色々な食べ方を選べるというのはなかなかに良いですね。いろいろ楽しめそうです。

ただ、この店、非常に残念なことに…5時には店が閉まるというお店なんです。そう言うことは、その分、売り切れの時間も早いんですよね。
今回は入店が3時頃だったのですが、殆どが既に売れ切れ状態なのです。
入店時に「これとこれしか無いよー。」って言葉からスタートしてしまうんです。
まぁ、無いものはしょうがないですからね。それに呼応して、じゃー、これとこれをくださいと注文する事になるんです。
好きなモノを食べたかったらもう少し早めに来店しろって事なんですよね。

焼き物を頼んだら、飲み物。この店に来たら頼むべきは「梅割り」でしょうか。
梅割りは、焼酎に梅シロップという分かりやすい飲み物なんですが、作り方が面白い。
コレは一度みておくべきでしょうね。

あと、クイックメニューも一品頼んでおきましょうか。
この店でクイックメニューと言えば、モツ煮でしょう。
ここのモツ煮は、「東京4大モツ煮」とか、「3大モツ煮」とか言われるほどの有名店なんですよ。

食べてみると、パーツの種類が他に比べて豊富なんですよね。ちょっと面白い。味は多少強めにも感じられるけど、モツ煮とすればわりとスタンダードな範囲の味付け。えぐみは少なく食べやすいんです。
食べて納得。有名店と言われるだけのことはあるんですよね。
個人的にはもうちょっと強めの味噌仕立ての味が好みだから良さは判れど吸引力は若干…それでも最強。そんな感じですね。

焼き上がってきたモツ焼きも一口。
肝心のモツ焼きは新鮮でそのまま食べられるようなモツを軽く、しかし十分な焼きを入れてありなかなかさっぱりと美味しく食べられるんです。ちょいと脂は焼きが足りない気もしなくはないんですけど、これは生でもいけますよって事の裏返しでもあるんですよね。

確かに人気店には理由があるんですね。

立喰 栄寿司

店舗情報はこちら

立喰 栄寿司 2008年12月20日
立喰 栄寿司 2008年12月20日

次に寄ったのは「立喰 栄寿司」。
同じアーケード商店街にある立ち食いの握りのお店。

値段帯としては、大体、2貫で200円平均くらいですかね。最近の格安回転寿司の系統から見れば、特筆するほど安くもないのは事実だし、上野等では握りでももうちょっと安く食べられるけど、街の握りだと思うと良心的な値段帯ですよね。

出てくるネタ自体は特筆するほど良いネタでもないけど、チェーン系の回転寿司などと比較すれば美味しいネタが入っている様な気がしますね。

今回は、酒場巡りのインターバルとして利用。
あまり勢いよく酒場を巡ってしまうと酔いつぶれてしまいますからね…。

おでん 二毛作

店舗情報はこちら

おでん 二毛作 2008年12月20日
おでん 二毛作 2008年12月20日

宇ち多゛の斜め向かいにあるおでん屋さん。

このお店はおでんの種やさんが、おでんも販売するようになり、そこで一杯出来る様になったというお店。
種やさんがやっているだけあって、自慢の種を安価に味わうことが出来るんですね。
おでん、美味しいですよねぇ。

店に入ったら、適当におでんを頼みながら神亀のぬるで一杯。
神亀を置いている当たりもプラス加点ですねぇ。神亀の燗酒はおでんと良く合います。

個人的には、まぁ、丸健水産や平澤蒲鉾なんかと比べると…微妙なんですけどね。
良い店だと思いますね。

大衆割烹 ゑびす

店舗情報はこちら

大衆割烹 ゑびす 2008年12月20日
大衆割烹 ゑびす 2008年12月20日

ここはカウンター式の大衆居酒屋なんです。木製のカウンターって本当に味があって良いですよね。
カウンターの中には所狭しと短冊がぶら下がっています。短冊ってのも味があって良いですよね。
黒板にははみ出さんばかりのメニュー。大衆ってこうじゃないとね。
雰囲気満点なこの「大衆割烹 ゑびす」。やっぱりここもそれなりの有名店なんですよね。
こういう雰囲気、有名店になるための条件みたいなモノなんでしょうね。

そう言う所で酒場浴。楽しいですねぇ。

でも、個人的に一番気になったのはそこじゃなかったんですよね。
気になったところ。それはメニューに「江戸前」が割と多い事。
寿司なんかで「江戸前寿司」なんて名乗っているところで出ている「江戸前」ではなく、本当の意味での江戸前の事ですよ。
東京湾の幸をふんだんに品揃えしているってのがまた気持ち良いじゃないですか。
日本海の幸を使った江戸前寿司みたいな矛盾が多い世の中。江戸の酒場文化は江戸前で取れた魚介類でって心意気が嬉しい。

あと、クサヤがメニューにあるのが嬉しいですね。
なかなかにおいの関係もあるから出してくれる居酒屋は少ない。
クサヤをつまみながら日本酒で香りを広げながら呑む。最高の贅沢。
自分の家でやったら近所の内から苦情が来そうなにおいだけど、このにおいがまた良い。
どうも私はチーズといいクサヤといいこういうにおいが好みみたい。駄目な人はダメなんだろうけどね。
同行者にも、この臭いがダメで…二度と頼まない!と言い切っていた人もいた位だから。

大衆居酒屋探訪としては値段も割と良いラインだし、近所に住んでいれば通っていたかもしれないなぁ。