2012年01月27日
久しぶりに後楽園へ。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア
はてなブックマーク - 2012年01月27日<br>久しぶりに後楽園へ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

久々に明日は全く予定のない土曜日を控える金曜日。仕事も終わり開放感たっぷり。
ここは呑みに行かねばと、明日に仕事を控える職場の同僚、水角獣師を拉致し、後楽園へ!

遠州屋

店舗情報はこちら

遠州屋 2012年01月27日
遠州屋 2012年01月27日

東京メトロ南北線で後楽園に到着。赤羽岩淵手側のエスカレーターを上り、改札をでてさらに外に出る。丁度、丸八の脇の出てきます。いつもならふら〜っと、丸八に吸い込まれてしまうところですが、今日は我慢して「こんにゃく閻魔」方面に歩きます。

今日のお店は…「遠州屋」
酒場放浪記にも出た良店です。ここ10年で小石川地区の再開発が進んでしまい、昭和を感じるような街並みはどんどん失われてしまっていますが、この辺りだけは時代から取り残されているように昔のままに残っています。
周囲にあったお店はことごとく取り壊され、通っていた名店も今は高層ビルになってしまっています。
本当にぽつんと取り残された地域なんですよね。

遠州屋 2012年01月27日 #02
もつ煮込み豆腐

水角獣師と二人。ふらっと暖簾をくぐってみましょう。中には、自分の良く知る昭和が残っています。結構、この雰囲気好きなんですよね。

では、店に入ったら飲み物を頼みましょうか。私はとりあえず好みに来たらコレでしょう。と。キリン生ビール(中)(500円)。
水角獣師は、軽めにと
青リンゴサワー(450円)
を注文。

一緒に肴も頼みましょうか。この店で頼むモノと言えば、もつ煮込み豆腐(550円)これは必須でしょう。この店の一番の名物ですからね。

そして、一緒に頼むべきはもつ焼き。こちらはひとまず、肉だんご(120円)、ナンコツ(120円)、(120円)あたりをを二本ずつ頼みましょうか。

で、飲み物が到着したら、まず「乾杯!」

遠州屋 2012年01月27日 #03
肉だんご

ひとまず、煮込みを食べましょうか。うん、相変わらず美味しいですねぇ。モツの煮込みなのに臭みもなく、良い感じですよね。そして、ココの特徴は豆腐。真ん中にどでかい豆腐が載っているんですよね。

煮込みを食べながら、ビール。良い組み合わせですね。また、もつ焼きも良いですね。これも適度に焼かれていて良いんですよね。タレで焼いたモノも良いんですけど、ココで食べるのであれば「塩」が良いかなぁ。焼き具合もちょうど良いし、塩が栄えますね。

…水角獣師…と時間を忘れて会話。
話している内容は、間違っても誰にも教えられないような….くだらない話しを積み重ね。いつの間にか店に入ってから既に1時間。既に肴の皿も空。グラスも空。でも、そんな状況でも、急かして次の注文をお願いするような行動もなく、ひたすら客がゆっくり呑める環境を提供してくれるこの店。赤羽のいこいだったら空になる前から「早く注文しろ!」って急かされるというのに。良い店ですね。

とは言え、それに甘えているのも「イタい」客ですからね。次の飲み物と肴を注文しましょうか。
では、と頼んだのは、私がサントリーホワイト(W)ハイボール(450円)、水角獣師はウーロン茶(250円)注文。それに、肴として、串カツ(二本)(700円)、正肉(ねぎま)(150円)を二本、砂肝(120円)も二本。この辺りか注文しましょう。

最近、角で作ったハイボールが流行なので角ハイはよく見るようになったけど、「ホワイト」で作ったハイボールは珍しいですね。そんな気持ちで注文した訳なのです。で、届いたハイボールを一口。おっ、これはこれで良いかもしれない。ウィスキーらしい香りと言うよりは、ハイボールをさらに口当たり良く甘めに調製したような感じに出来上がっているのです。いわゆるハイボールが好きな人にはちょっと物足りないのかも知れないけど、サワー系ばかり呑んでいるような人にはちょうど良いかもしれませんね。

水角獣師はアルコールに弱いので、既にウーロン茶生活に。まぁ、コレで肴がはけたらそろそろ引き上げましょうか。

こうして夜は更けていくのでした…