2012年01月28日
赤羽から蕨まで京浜東北線の旅。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア
はてなブックマーク - 2012年01月28日<br>赤羽から蕨まで京浜東北線の旅。
このエントリーをはてなブックマークに追加

いわきの魔法使い師が上京中という情報を入手。
これは呑みに誘わねば…。

昔ながらの喫茶店 友路有

東京都北区赤羽
電話: 03-3903-5577
営業: 06:00-23:00
定休:

友路有 2012年01月28日
友路有 2012年01月28日

連絡が付き、とりあえずで集合場所に指定したのは 赤羽 の 「友路有」。最近出来た2号店の方ではなく、いつものミスドの二階の方。ココなら、多少、集合時間が合わなくたって、まぁ、困らないでしょうと言う事になったのでした。

学生の頃を思い出すと、学校に近いヤツほど遅刻する。そんな思い出。今回の待ち合わせは、自分の方が距離にしたら10分の1程の場所にいたのにもかかわらず、到着したのは魔法使い師の方が30分近く早かった。世の中そんなモノなんですね。お待たせしてスマヌ…。

待ち合わせに使ったお代。珈琲一杯。さて、街に繰り出しましょうか。

丸健水産

店舗情報はこちら

丸健水産 2012年01月28日
だし割り

そして、最初に訪れたのは…「丸健水産」。この時期、お外の立ち呑みっていうのはきついのはきつい。
でも、おでんは冬の代名詞。せっかくだから行っておきましょう。

そんなノリで到着した丸健水産。もちろん、頼むのはおでんセット(700円)で決まりですね。食べたいネタがあるのであれば、それをピックアップして頼んでも良いんだけど。まぁ、何も考えずに、ちょうど良く煮えたおでんを選んでくれる。良いじゃないですか。

温かいおでんに、熱めに暖められた日本酒。寒空の下、口に入れると「ほっ」とする温度感覚。普段でも旨いけど、こういう状況で食べるおでんは格別ですね。ただ、早く食べないと…どんどんおでんが冷えてしまうんですね。

一気におでんを平らげ、日本酒をグビッグビッ…をっと。危ない危ない。最後の40〜50ccは残しておかないと。そう、最近のブーム。割りを頼まないといけませんからね。残した日本酒にたっぷりのおでんだし。それに七味をたっぷり。コレがまた旨いんです。コレは旨いですねぇ。

さて、割りを呑んだら河岸を変えましょうか。このまま長居をしていたら寒くていけません。ではでは、また来ます!

酒亭 えぶりぃ

埼玉県蕨市中央3-2-1
電話: 070-5550-5516
営業:
定休:

えぶりぃ 2012年01月28日
えぶりぃ 2012年01月28日

で、次に向かったのは、京浜東北線で蕨まで移動し、「喜よし」。
しかし、店に到着して、中を覗くと…完全に満杯。こりゃ駄目だ。

と、第二候補で向かったのがココ。酒亭 えぶりぃ。ココは、こだわりの日本酒を数多く置く酒好きにはたまらない店なんですよね。

まず、店に着いたら周りを見渡し今日注文する酒の品定め。んー、どうしようか。品揃えが良いだけに悩みますねぇ。では、私はひこ孫 純米(500円)を燗でお願いしましょうか。魔法使い師は小笹屋 竹鶴(300円)を燗で頼んでいるようです。良い選択ですね。竹鶴も良い酒ですよねぇ。嫁さんはというと飛露喜を冷や。まぁ、それもありかな。

全員分届いたら、「乾杯!」

相変わらず、ひこ孫は良い味出してますね。
冷やだと微妙なイヤミを感じるのに、熱めの燗にした途端に花開く感じが何とも言えませんね。いや旨い。ちょっと盗み飲みした小笹屋 竹鶴もなかなかの味。個人的にはもう少し重みが欲しい感じではあったけど、コレはコレで持ち味だしなぁ。こう言うのを呑んでしまうとさ。飛露喜とか割りとどうでも良くなってしまうんですよね。人気のある酒で希少価値があるのもあるのは分かるんだけど、個人的な好みで言うとやっぱり神亀の方が上なんですよね。

そんな感じで騒いでいると、お店の方から「肴はいかがしますか?」の声。それでは…と頼んだのは、くんせい3点盛り(480円)。これは店の前で自家燻製しているんだとか。食べてみると、ほどよく燻された感じが良いですね。

そろそろ、喜よしも空いてきたかな?今日の目的はソッチですし、そろそろ向かいましょうか。

でも、最後に…酔仙 絆(500円)を追加して、回しのみ。
酔仙かぁ。この名前を見ると、繰り返し流された蔵が津波にのみ込まれ消えていく映像がフラッシュバックする。
内陸部の蔵を借り受け、酒造を再開していたのは知っていたし、先日は自分の目で雪っ子が販売されているのも見た。分かっている筈なんだけどね。なんとなく、普通に流通しているのが嬉しい。

喜よし 西口駅前店

埼玉県川口市芝新町2-11
電話: 048-266-1002
営業: 平日 17:00 – 23:00 土 17:00 – 21:00
定休: 日祝

喜よし 2012年01月28日
喜よし 2012年01月28日

もう結構酔っぱらってきてしまったけど。駅に向かう途中でもう一度お店を覗いてみる。だって、今日の目的はこの店の訪問だったのですから。そりゃ、諦めがつきません。

をっ!空いてる!

今日はついてますねぇ。

席に着いたら、今日は一本勝負を決めて、本日分の注文を一気にしてしまいましょう。飲み物は有無を言わさずに生ビール(中)(500円)を人数分。それにみそ焼き 6本 1人前(500円)を、ひとまず一人あたり二人前計算で一気に注文。この店の場合、焼き物は早めに頼んでおくのが吉なんですよね。なんせ、焼き上がるまでに時間がかかるのです。

ビールはすぐに到着。
で、即「乾杯!」と開始。焼き物が出てくるまで多少時間が掛かる旨を魔法使い師に含め、ゆっくりビールを呑むように促す。まぁ、そんなことを言う必要もなく、日本酒で結構酔っていたらしくペースは自然に落ちていたようですがね。

みそ焼き。到着。
いつもよりはクイックに出てきたけど、相変わらずの待ち時間。ビールが結構残り少なくなっています。

んー、いつも通り、ビールに良く合う濃いめの味付け。美味しいですね。魔法使い師も気に入ったようで、一気に食べています。普通の焼き鳥屋であれば、10本もあったら食べきれる量ではないけれど。この店だと普通に食べ切れてしまうのが恐ろしい。

いやー美味しかった。
また来ます。ごちそうさま。

家庭料理 美里

埼玉県川口市栄町2-9-10
電話:
営業: 12:00-13:00/17:00-22:00
定休: 日

家庭料理 美里 2012年01月28日
家庭料理 美里 2012年01月28日

そのまま帰れば良いものの。
何となく、そのまま解散しにくく…落ち着ける店へと向かったのは、ここ、美里。

席に座ると、いつものように適度な感じで肴を出してくれます。
こんな適度なペースが楽なんですよね。このお店。

ビール片手につまみをぱくつき。
女将さんとの会話に花を咲かせる。

こうして、今日も夜が更けていくのでした。